8
9月

人間工学

未分類 人間工学 はコメントを受け付けていません。

人間工学は物や環境を自然な状態で効率的使えるように設計し、それを実現するための学問であり、人間が働きやすい職場や生活しやすい環境を実現し、安全で使いやすい道具や機械をつくることに役立つ実践的な技術となっています。

日本語の「人間工学」はアメリカでヒューマンファクター(Human Factors)、ヨーロッパではエルゴノミクス(Ergonomics)と呼ばれる分野である。この人間工学は、人間が関わる全てのものに影響を与える工学であり、人間の物理的な身体的特徴な側面のみならず、心理的な感情の変化などの心理学的側面に対する探求も含まれる。そして、労働事故などで、それが器具の単純な設計ミスなのか、それとも人間の認識や認知の問題にあるか分析することや、再発を防ぐための課題も人間工学の分野で研究範囲である。この中で産業における安全性や事故に対する防止や保全等においては安全工学といわれる分野もある。

歴史のはじまりはヨーロッパであり、労働時の健康や安全に主眼が置かれた研究が始まり、これが、エルゴノミクス(Ergonomics)となっている。このErgonomicsはギリシャ語のergon(働く)とnomos((自然の)法則)から作られた造語である。一方アメリカでは、応用心理学から発展した、情報を効率よく伝達し人間が効率よく、ミス無く機械をつかえるようにするための研究が進められ、これらを「ヒューマンファクター(Human Factors)」と呼んでいる。

日本ではこれら2つの研究分野を融合し、「人間工学」という名前が付けられている。

23
9月

法人でリラクゼーションを

健康, 未分類 法人でリラクゼーションを はコメントを受け付けていません。

法人でリラクゼーションがあれば是非利用したいです。今は日本でもユニークな福利厚生が増えてきましたね。海外ですと、社内にジムやゲームセンターがある企業も聞いたことがあります。そこまで大きな設備は必要ないものの、社員の心やカラダの健康あってこその会社ですので、リラクゼーションなどはまさに社員の病気を未然に防ぐという意味で必要だと感じます。人は病気になったら薬を飲んで治すもの、という考え方に最近は疑問を感じるようになりました。身近な人の病気やその改善を見て、やはり人間の健康を支えるのは周りの人の力です。「手当て」というだけあって、人の手をあてて血流をよくするだけで、腰痛や頭痛など改善されるつらい症状も多いと聞きます。
爽やかな秋を期待していた9月だというのに、雨ばかりで蒸し暑い日が続きます。この週末は友人たちとトレッキングに行く予定ですが、帰りに温泉とリラクゼーションを受ける予定でいます。まだスッキリしない天気が続きそうですが、気分はあげていきましょう。

Read more… …

5
6月

レーシック手術についての知識

未分類, 病院 レーシック手術についての知識 はコメントを受け付けていません。

知人がレーシックで近眼を治したいという。私自身も興味があったのでいろいろと調べてみました。詳しく載っているweb情報サイトはもちろん、書籍でも確認してみようと思っています。ネットでの体験談などは個人差もあるでしょうし、誰が発信しているかわからないサイトは鵜呑みにしないように気を付けています。手術前には患者自身もしっかり説明を受けて、それなりの知識をつけておくのが良いですね。
レーシック手術に世界最高水準の眼科医療を。大宮七里眼科(さいたま市)

ところで最近、初めての会社に行く用事があったのですが、道がわかりずらくて迷ってしまいました。なかなか辿り着かないのでおかしいなと思い、地元の人らしきおばさんに聞いたら反対方向だとのこと。慌てて引き返したのですが、やはり人に聞くのは一番ですね。ご親切に感謝です。
Read more… …

19
9月

老眼について

健康, 未分類 老眼について はコメントを受け付けていません。

多くの人が加齢とともに老眼になる。人間の眼の機能が衰えるこの老眼は水晶体と眼の筋肉の老化によって引き起こされるものである。これらの老眼の治療が近年では非常に進化している。技術としてはレーシックなど強度近視や円錐角膜の治療などの技術と同様の発展である。横浜のこのクリニックは技術や設備なども最新の医療を提供するクリニックの一つだろう。たとえば老視矯正のレーシック治療は、遠視や乱視の方法と同じような施術を行うことで、老視の方が老眼鏡などメガネなしで日常生活が送れるようになる。ただし、これまでにレーシック手術や白内障の手術などを受けられた方はクリニックで相談して適切な処置を考える必要があろう。私も近視のためクリニックで相談してみようと思う。 Read more… …